2018年01月02日

論語の一節

年を取ると、若いころにはさして気に留めなかったことがにわかに関心が向くようになったりする。

「論語」は漢文の授業でおなじみだが、特に為政第二に出てくる、この文が有名。
(以下書き下し文)
子の曰く、吾れ十有五にして学に志す
三十にして立つ
四十にして惑わず
五十にして天命を知る
六十にして耳順う
七十にして心の欲する所に従って矩をこえず


高校時代、漢文が苦手で、教科書に書いてあることを理解するどころか読むのも四苦八苦。
で、意味を読んでも、どこかぴんとこなくて、この文章もほとんどスルー状態だった。


大人になってから本をたくさん読むようになった頃、孔子や論語関係の本を読んで結構面白いなあと思い、このブログにもいくつか感想を書いている。
孔子、論語物語2冊 (2010年11月26日)
孔子 井上靖(2010年12月25日)
現代語抄訳 論語(2011年3月24日)
論語 岩波文庫(2013年1月11日)

この時も、自分は論語の感銘した部分にはほとんど触れずに、大まかな印象で物事を語っている。このころはまだ自分若かったなあ、と今感想を読んで思うが、それはさておき。

ここ数年の心境の変化で本を読まなくなり、別のことがしたくなり、そして今、ちょっと人生の調整時期になってる感じの今、不意に浮かんできたのが、先ほど記した為政篇第2の4章の
“70にして心の欲するところに従って矩をこえず”
という部分なのである。

今の私は七十どころが三十の而立ですら危ないけども、それでも思うように振舞っても道を外れない、という生き方を意識しだしたこと、実に感慨深いものがある。
なんか思いっきり終活時期に入った感がありました。
ていうか、このごろ頭使うのもう嫌気注して、本を見ると吐き気がするんですが(笑)、なんか良くない病にでもかかってるのでせうか……

論語 (岩波文庫 青202-1)
論語 (岩波文庫 青202-1)金谷 治訳注

岩波書店 1999-11-16
売り上げランキング : 1263


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



posted by てけすた at 11:24| Comment(0) | 本 (国内) 小説以外の著書 | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

謹賀新年~2018(平成30年)

miko2018.JPG


今年はまったりと過ごす❗

posted by てけすた at 00:00| Comment(0) | 日常 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

已己巳己

已己巳己
ネット上にはいろんな豆知識的ページがあるけど、わたくし、これにはびっくりしたわ。


コトバンクより
い‐こ‐み‐き【×已己×巳己】
(已・己・巳と、それぞれの字形が似ているところから)互いに似ているものをたとえていう語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

已己巳己 いこみきとは


posted by てけすた at 14:41| Comment(0) | 本 (その他雑談) | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

アバターとはよく言ったもので

ニコッとタウンの話の続き。
ニコタでアバターを着替えて遊んでいるうちに、髪型や服装の組み合わせによって、知っている顔の誰それさんに似てくるなあ、と感じてくることがある。
例えば、昨日も登場してもらったが、再び登場願おう、ハーミットのイメージの彼女。
20171130.JPG
このコーデなんかは、私の中では名を秘すがある女性作家を連想させるような感じだ。彼女の活動は弱者に灯りをともすような温かさがあり、彼女の想像力は雪の結晶のような純粋さがある。一方でこの雪の結晶は彼女に似つかわしくない冷たさも連想させるので、あくまでも私の中にあるその女性作家なのである。

他に、こういうコーデもしてみた。
green.JPG
最初、このコーデは奥手に上のハーミット彼女と同じ雪の結晶を持たせてみたのだが、非常に高慢な感じと模倣くささを感じたので、代わりにハープを持たせてみた。実をいうと雪の結晶を持たせた方は、現実生活で接点のあったとある女性を連想した。私は彼女の中の何かに違和感を感じていたのだが、このコーデで少し理解できて、それでその違和感を払拭したくてハープを持たせたのである。


最後に、なんだかいうのが恥ずかしいのだが、自分みたいだと連想したコーデがこれだ。
violet.JPG
どこが、と言われても説明に困るのだけど、私はこの3つのコーデの中で一番母性を感じるのである。かといって現実の自分に母性があるかというと、あまりわからないんじゃないかな(笑)


で、この3つのアバターを並べてみているうちに、子供時代の自分を思い出した。仲の良い子が二人いて、3人でよく遊んだ頃のこと。
このアバターがその子たちにも見えてきて、これで当てはめると、私はなぜか最初のハーミット彼女に一番よく似ていた。他の二人は華やかで異性にもモテたのだけど、私は非モテだったからなあ…


まあ、子供みたいな遊びをしているとこういうことが浮かんでくるわけで(汗
posted by てけすた at 09:04| Comment(0) | ネット 雑談 | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

hermit(小文字で)

最近、ニコッとタウンで遊びまくり、このブログもあまり書いてない。
ニコタでなにしてるかというと、コーデとガーデニングとニコみせが特に熱中している分野だ。
ま、服を着替えて、花を育て、野菜育てながらできた野菜で飲食店をしている、という感じの仮想空間。

最近、なんでこんなにはまっているんだろうなあ、とか思いつつも、コーデを楽しんでいるうちに、なんかある髪型が気になりだし、その髪型に似合う服装を考えているうちに、こんなコーデが出来上がった。
20171130.JPG


このコーデをじっと見ながら、背景の階段だけを見ているうちに、コーデしたアバターの姿が隠者に似ているなあ、と思えてきた。
自分の中では、古代の象徴学のように説明できるコーデなんだけど、それは置いておく。
ただ、wikipediaの隠者の項目を読んで、いろんなイメージがあるから、わたしなりの隠者のイメージもあっていいのだろうな、となんかそんなことを感じた次第です。
posted by てけすた at 12:26| Comment(0) | ネット 雑談 | 更新情報をチェックする