2017年04月20日

胸がときめくこと

4月も半ばをすぎ、そろそろこんな思いがふっと心かすめる時が出てくる人がいるかもしれませんが。

「今の生活から逃亡、なんか胸がときめく」

まあ、こんなこと書くと、自分が現在の生活に不満があることが丸わかりで、自己啓発厨あたりから変な勧誘案内とか来そうな気がするけど(笑)
そうじゃなくて、現在の生活の中で、コツコツと逃亡計画を練り、そのための準備を生活の中で整え、脱出手段はどうするか、とかいつ決行するかとか、仕事の合間にふっと考えたりすること。
いわば、想像とか夢とかの範疇に入るのかな。

で、そんな考えをふわふわもてあそんでいるときに、少し嫌なことがあって、モンテ・クリスト伯の話をを思い出したのだけど、肝心の名前が思い出せなくて

えっと、あれだよ、あれ、モンテ・ルカスト

…それ、喘息の薬ですから…

モンテ・クリスト伯のあらすじを過去記事より転載しておきますね(^^)/
帝政と王政が激しく入れ替わる19世紀初頭のフランス。そこで、主人公であるエドモン・ダンテスは妬みを買って本人のあずかり知らぬところで告発され、誰も抜け出せないような場所へ投獄監禁される。絶望のきわみの中で、同じく監禁されてる司祭と出会い、一縷の望みを繋ぎ、苦節14年目にして、脱獄に成功する。彼は自分を嵌めた人間たちに復讐を誓い、モンテ・クリスト伯と称して、司祭が残してくれた遺産で敵が自ら破滅していくように、策略を仕掛けてゆく。
敵が何人かいるので、話の筋が複雑になり、今、モンテ・クリスト伯がやってることが、他日どんな形で影響を及ぼすのか、本当は人生に対する警句がいくつかあって、じっくり読んだほうがいいのであろうが、どうしても話の筋を追うのに懸命になってしまう。
神の御心を成就するためにこうした人生を得たのか、それとも、それは彼が復讐するだけの言い訳にしか過ぎないのか考えてしまう反面、欲や保身のために人を踏みつけにした敵がどんどんクリスト伯の罠に嵌められていく様はちょっと痛快だった。このあたりまこと大衆文学といわれるのは尤もなことだが、得てして高邁な文学に劣らない警句や知恵がもりこまれているものだ。

「待て、しかして希望せよ」
この言葉は河合氏が感銘を受けたとのことだったが、確かにこの波乱万丈の主人公が、愛する青年に贈ったのはまさに逆境に対する知恵なのであった。
http://tekesuta.seesaa.net/article/119825162.html

モンテ・クリスト伯 7冊美装ケースセット (岩波文庫)
モンテ・クリスト伯 7冊美装ケースセット (岩波文庫)アレクサンドル デュマ 山内 義雄

岩波書店 2007-12-18
売り上げランキング : 138488


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by てけすた at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ばかばなし | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

健康オタクに拍車がかかり豆乳ヨーグルトを作り出す

最近、健康オタクになりだして、食生活とかちょっと凝りだした。
最初は白米をやめるとか、牛乳をやめるとか、その程度だったのだけども、だんだん凝りだして作り置きおかずだの、ゼラチンだのやりだした。

そして、とうとう自家製豆乳ヨーグルトにはしりました。

ネットでTGGヨーグルトなるものを見かけて、どうなの?これ?と半ば怪しく思いつつも、やっぱり玄米を始めた身としては気になるわけで。とはいえ、なんとなく危ない感じもして。
そんなときに発酵食のレシピ本をみかけ、その中に、市販の発芽玄米でつくる豆乳ヨーグルトがあったからそれを試し始めた。発芽玄米はかなり高いけど、豆乳ヨーグルト用の種を買うと思えばまあ、いいか、と思いつつ。


出来はわりと普通だった。
けれども、今自宅は終日暖房で気温は安定していているにも関わらず、その時によって微妙に出来具合が変わるわけだ。まあ、生き物相手だから仕方ないけど。

固まらないなどの失敗は廃棄するけど、微妙に失敗臭いものができるときがある。
うまくできれば、発酵したいい香りがするのだけど、微妙に失敗すると納豆の匂いになる。
それは納豆菌が勝ってしまっている状況らしいから、あまり食すのは勧められないけど、もったいないと思って、食べてしまうのだ。

ちなみに、私はヨーグルトに果物と抹茶の粉を入れている。
抹茶は頭によい、という文章を読んだからだが、微妙にヨーグルト失敗作を食す事態になったときは
「抹茶には抗菌作用」
とか思って入れて食べてます。
電子レンジでスピードアップ もっと手軽に、もっと簡単に手づくり発酵食
電子レンジでスピードアップ もっと手軽に、もっと簡単に手づくり発酵食村上 祥子

日本文芸社 2016-09-27
売り上げランキング : 179118


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by てけすた at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ばかばなし | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

偶然の一致ですか?

最近調子が悪くてあまり本を読んでない。で、このブログも書く事があまりないので、久々にばかばなしなど。

通院している病院で先月、全然似てないのだけど、なぜか母方の叔父に似てると直感的に思った人がいた。
今月診察日がきて、病院へいくと、またその人を見かけたのだけど、診察に呼ばれたその人の苗字が母の旧姓、すなわち、叔父と同じ苗字だったので、ちょっとびっくりした。

全然似てないんだけど、なぜ叔父ににてると思ったんだろう?というのが苗字を聞いてからの疑問。
まさか苗字だけで叔父に似てるなんていう直感が働いたわけじゃないよね。
ちなみに、その苗字は佐藤とか鈴木とかいうありふれたものではないんだけど、まあめずらしくはない苗字なので、やっぱり偶然の一致かな?
posted by てけすた at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ばかばなし | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

潜在意識ってすごいな

最近本を読むのがえらく遅くて記事もなかなかかけない状態なので、適当にばかばなしなど。

先日から妙に押入れ整理がしたくなっていたのだった。
整理整頓面倒であまりしたくない自分が、なぜかわからないけど、とにかく少し手をつけてみるかなと思ってアルカイザーの攻略地図メモを発見したということはtwitterでも書いたが、まあそれよりびっくりすることがあったのだ。
一番取り出しやすいダンボール箱には結婚式の引き出物でもらった食器などが詰め込まれていて、それを出して使うかどうか検討していたとき、ビニール袋に入った薄い箱が目に止まった。食器ではなさそうで、中を見てみると、万能バサミと軽量スプーンのセットだった。
実は、わたくし、最近健康のために亜麻仁油を飲んでるのだが、普通のスプーンだとどのくらい飲んだのかよくわからないので、自分専用の軽量スプーンをそのうち買おうと思っていたのだった。
押入れ整理がしたくなったのはその数日後のことで、この軽量スプーンを発見したときには、潜在意識の凄さというものを思わずにはいられなかった。
そしてそれを発見してからすっかり押入れ整理しようという気分はなくなってしまったので、たぶんそのことを教えるために押入れ整理しろと潜在意識はささやき続けていたのに違いないと自分で勝手に思ってる。

人は意外にもそういうなにかしらやったほうがいいな、という勘が働くことがあるが、さまざまな理由からそれを無視することが多いのではないか。
だが、こうして無視しないで手をつけてみるとまあこういうことが起こったりするわけで、人間の能力って実は凄いんだな、と改めて感じた次第。
でも、偽者のやりたい気分もありそうだからそこは用心しないとね。

以上終わり。
タグ:心理
posted by てけすた at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ばかばなし | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

「烏滸の沙汰」にしたかった

恥ずかしながら、私、いい年をして「烏滸の沙汰(おこのさた)」という言葉を知ったのがつい3年ほど前の大河ドラマであった。
「義経」で夏木マリ演じる丹後局がどこかで発した言葉なのであるが、以後、この言葉を聞くたびに夏木マリの眉毛のない顔がいかにもあきれたように「烏滸の沙汰」と言ってる姿を思い出してしまう。
なんとなく語呂も楽しいので、もしこの言葉をずっと前から知ってたらこのブログのタイトルも「烏滸の沙汰」にしたかったなあ、などと思う今日この頃である。
で、ばかみたいな記事がてんこ盛り。
なんか理想的だな。
残念なことにそんなにそんなにばかげた話を思いつけるものではないので、おそらく何ヶ月かで放置になりそうではある。
posted by てけすた at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ばかばなし | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

城戸熊太郎化してきた

自分の書く記事になんとなく不満というか、何かが違うような感じがしてどうしようもない。
たとえば本の感想一つとってみても、読んだときにこんなことを書こうと考えて書き出してるつもりなのが、出来上がった文章を見ると、なんだか自分のいいたいことと微妙にずれてるような気がしてならない。でもどこがどうずれてるのかわからないので、直しようがなく、結局そのままアップしてあとでなんとなく不満になる。
この記事のタイトルに熊太郎の名前を出したが、城戸熊太郎とは町田康の小説「告白」の主人公。彼はいつも心に思ったことと実際それを言葉にした時の食い違いにノイローゼのように悩んでいる人物だ。それが対人関係や生活にまで影響して自意識過剰にして投げやりな人生になってゆくのであるが、実際その食い違いを気に病みだすと自分の言うこと書くことことごとくがイラつきや不満の元になる。
しかし、なぜその食い違いを気に病むようになってしまうのか?
これを考えてみるに、どうもクリシュナムルティじゃないけれども、理想の自分に対する現実の自分への幻滅、みたいなことと関係あるんじゃないかな。われわれ現実の自分はいつも理想の自分から転落している。
心に思ったこと、実はそれほど口にだしたことと変わらないのかもしれないのだが、実体化させてみると、考えていたこととなんだか違うふうに見えてしまう。自分ではかっこよく歩いてるつもりが、鏡でみるとどうもいまひとつ、みたいな。

くわあ、書いてるうちにいやになってきた。うまく説明でけん。
どうせ書き散らしなので今回はこれでおしまい。
posted by てけすた at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ばかばなし | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

我が神秘体験

「我が神秘体験」を語るのにカテゴリーを「ばかばなし」にしてしまうというのもどうなんだ?自分、と思うのだけど、こういう話題は真剣に受け取りすぎると頭がいささかおかしくなってくるので、このくらい距離をとるので丁度いいんじゃないかと考えた。

さて、本題に入る。
我が趣味は素人園芸なのであるが、植物を世話するということには人生に対してのあらゆる学びが含まれているものだと思う。まあ、植物に限らす何かを世話するという行為そのものが大いなる勉強なのかもしれない。
そんなわけで日々精進しているのであるが、植物好きが昂じてとうとうある認識が突如としてやってきた。
今植物として存在しているそれと、自分の身体として存在しているそれにはいったいなんの違いがあろうかと。
それは表面的には別の形をとっているが、結局本質は一緒なんではないのかと窓辺の植物を見てるときに閃いたのだった。
だとすれば、植物が私から他者だと認識すればそれはすなわち自分の身体も他者であるということであるからして、自分の身体は自分にあらず、従って自分を虐待するということは他者の虐待と同じことなのであるのではないか?
とまあ、言語化すればわけがわからないのだが、平たくいえば生き物としての自分の確認みたいなことである。
この考えの下地になったのはクリシュナムルティが自分の身体を乗馬の際の馬として接するように接していたという話であろう。

で、結論はない。ただそれだけが言いたかっただけなんです。
タグ:こころ
posted by てけすた at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ばかばなし | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

原因を知ると氷解する

ある人の言葉にひどく憤りを感じていた。直接話すことのない相手、まあネット上の話で私が直接なにかを言われたわけでなく、その人が掲示板みたいなところで書いてたのがひどく気に障ったわけなのである。
自分でも見ず知らずの相手になんでこんなに憤るのかわけがわからなかった。
中身は他愛のない好き嫌いの話だったんだけど。
書いた相手は当然私を知らないし、ことは自分の心の問題なのだとは言い聞かせてみても憤怒の感情はとどまるところを知らず、その掲示板に送信しないまでもテキストエリアに罵倒を書き込むくらいの激情ではあった。
先日その人のブログを知る機会があって、またスルーすればいいものを激情に駆られこいつは一体何を書いてるんだ、と見にいった。
そこに書かれていたのは書いた本人にもわからない原因不明のイライラ感についての話だった。
それを読んでから自分の激情がいっぺんに氷解するのを感じた。
本人のわからないイライラ感が文章中に表れてそれをどうも攻撃と自分が感じ取ったらしい。
こんなこというとおかしな奴だな、と思われるかもしれないが、本を読んでると、言ってることはしごく正論なんだけど非常にイライラするような文章だったり、逆にいってることはめちゃくちゃなのになぜか理解できるような気分になる文章に出会うことがある。
その違いがなんなのか、自分のコンプレックス(劣等感にあらず、感情の複合体)と関わりあることだけはいえるのだけど、インターネットでの揉め事というのもこういうことと関わりがあるんじゃないかなあ、なんて思う。
言葉の背景にある相手の気分、こういったものが理解できるようになると誤解もだいぶ少なくなりそうだ。

あ、そうそう言い訳めいてしまいますけど、普段こんなに粘着みたいなことはしませんよ、っていうとますます怪しく思われるんだけど。
タグ:こころ
posted by てけすた at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 ばかばなし | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

道路の住所標識

中央に高架の高速道路があり、その下を片側3車線中央分離帯つきの大きな道路がありそこを自転車で走る。車道は走ると危ないので歩道である。住所を頼りに目的の場所へいこうと信号機の下についてる住所標識をあてにしてたがどういうわけか自分の走ってる歩道側にはついてなくて向こう側にはついてるのはなぜだ?と考えてた。
そこで帰りは行きとは反対側の歩道を走ったのだが、またしてもこちら側に住所標識がないではないかっ。
と、頭にきそうになってふと車道をみた。
自分はこちら側の車線とは逆走した状態になってるのに気がついた。
そして自分のバカさ加減を笑った。
タグ:気づき
posted by てけすた at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ばかばなし | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

Google

Googleといえば今やインターネットでは知らない人はいないと思うのだが、その読み方については意外に知られてないのかもしれない、と思うことがあった。
とあるサイトへいったときのこと。そのサイトはニューエイジというか癒しというか占いというか、とにかくそういう類に関連する商品を売ってるところでサイトの作り方もちゃんとプロが作ったように見えた。
そのサイトに検索機能がついていてGoogleのロゴマークがついていたのだが、日本語で

“ゴーグルで*******サイト内検索をする”

と書いてあったのである。
一瞬自分が今までそうだと思っていた呼び方が間違っていたのか、と思わずGoogleヘルプを調べてしまいました。
http://www.google.co.jp/support/bin/answer.py?answer=907&topic=367
"Google" の発音を教えてください。
"Google" は、"グーグル" と発音します。

ふう、よかった。ついでに「役に立った」に1票いれといた。
しかし、このサイトを作ったのは誰なんでしょ?それが知りたい。
タグ:google
posted by てけすた at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ばかばなし | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

偏屈の偏は偏りの偏

本を購入してレジで「カバーおかけしますか?」と問われ、いつも思わず「はい」と答えてしまう。
そして、今日かかってきたカバーがいつものお店のものではなく、はっきりいうと私の好みに合わないような黄緑色の背景に謎の四角いキャラクターがたくさんついたカバーだったのでド肝を抜かれた。
“なんですか?このえらくド派手なカバーは?”
手にとってみると名は秘すが某郵政公社の金融商品の宣伝入りカバー。
このデザインは萎えるな。
過去にも本屋自身のカバーでないカバーをかけられたことがあるけど、一応格好いい人物写真や風景写真だったりしたもの。
やはり資源を大切にするため無駄な包装はこれを断るのが一番よいのだな、と「ますますくん」がたくさんついたカバーを眺め、かばんに納めた。





タグ:
posted by てけすた at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ばかばなし | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

寄る年波には勝てず、か

この頃、年をとってきたせいなのか、うまくダブルクリックが出来なくなってきた。
以前は“カチカチッ”っと素早く出来たのだが、この頃は“カッチカチ”とぶざまな状態になることがしばしば。
そんな自分に嫌気がさして、最近は右クリックで済ませられるものはそちらで処理している。
だが、ダブルクリックでないと用事が足せないものもあるんだよね。
ハーボット呼び出すときとか。ふらふら
このままさらにダブルクリック不全が進んでしまうと、いつか彼を呼び出せなくなる日がくるかもしれない。
タグ:ハーボット
posted by てけすた at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ばかばなし | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

悩みどころ

この頃はいろんな店でポイントカードなるものを発行している。
我が近隣の店でも期間限定で発行していて、1000円毎にはんこを1つ押してくれる。そしてそれがカード一杯になるとお買い物券として利用できるのである。
たまにそのはんこをいつもの3倍とか5倍(つまり1000円で3ことか5ことか)押してくれる日があり、そんな時を狙って買い物へ行ったりもする。
ところでこういう日に買い上げる予定金額が中途半端な値段、例えば1500円とかになった場合、私はもっと買い足すべきか、余計なものは買わずにいるべきか悩んでしまう。
はんこをいっぱい押してくれる、という誘惑に弱いのだ。しかし、いらないものを買ってまではんこをもらう必要がどこにある、という思いもある。
計算できれば一番いいが、そんなややこしい計算などすぐできるものではない。
欲を捨て、毅然とした態度を取れればこんなに悩むことはないんだろうけど、こういうところが自分の煩悩なんだろうなあ。
posted by てけすた at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ばかばなし | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

守護天使の嘆き

そらまあ、地上は厳しい所だから多少の遊びは大目にみとるけど、いい加減遊んでないで仕事しいや、って思うこと何遍もありまっせ。
でも、文句は言われへん。
だって、この人守るのが仕事だし、もうやだ、といってこちらが仕事投げ出したら示しがつかんでしょうに。
だが、守護天使といえども元は人。嫌気がさすことはありまっせ(笑)
それでまあ、やりきれなくなってきたらこうして夢の中で愚痴言わせてもらってるわけでさぁ。
それで啓示啓示などとありがたがってくれりゃ御の字で。




posted by てけすた at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ばかばなし | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

奇ッ怪な替え歌

「うちのこどもは『あんあんあん、とっても大好き、ど・ざ・え~~もん~~』という不気味な歌を歌います」
そんな文を以前どこかでよんで抱腹したことがあった。
しかし、私もあまり人のことは笑えない。なにせこの間交差点を横断しているときに突如こんな歌詞の歌が私の心の中に流れたからである。

腹を召しぃ~まあせ~~、召しませは~ら~を~~

もとの歌詞は「花」
この元の歌を検索してみたら「東京の花売り娘」というタイトルだった。
じゃ、これは「江戸のハラキリ侍」ってとこか。
しかし、なんでこんな替え歌になってしまったのか不思議。
も、ちっと穏やかな歌詞ならいいのに、そうはならないところが無意識の恐ろしいところで…

posted by てけすた at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ばかばなし | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

間違いなく自分が馬鹿である

人非人。
ひとでなし、という意味である。この言葉を書こうと思ったのだがうまく思い出せなかった。私は頭に“非”がつくはずだと何故かその時思い込んでいて
“非人非人”とやり、ここで流石におかしい、と気が付いた。
これでは「ひとでなしには非ず」という意味になってしまうではないか。
危うくおかしなことを書くところだった。
さらに推し進めて
“非人非人非人”
とやってしまうと、これはもう言語中枢がいかれているか、読む人を馬鹿にしてるのか、自分が馬鹿なのか、のいずれかであろう。
意味は
ひとでなしではない非人(夜叉、罪人等々)
である。







posted by てけすた at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ばかばなし | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

ボトル入りガムの捨て紙

キシリトールガムボトル入りが安かったので購入。ボトルのラベルには捨て紙入りと書いてある。
中をみると付箋みたいな紙の束が入っていた。しかし、この束の厚さはどうも入ってるガムの個数より少なく見えるのだが、気のせいであろうか?

そして月日は流れ・・・・やっぱり思ったとおりだ。
ガムはまだ20個くらい残ってるのに捨て紙がなくなった。
ボトルには
「1回に2粒を5分噛み、云々・・・」
と書かれていたので想定としては個数の半分の回数+α、そのつもりで捨て紙を入れてたんだろうか?
しかし、生憎わたしは1度に1粒しか噛まない。
お上品にできてるからな。
まさか、入ってる個数が適当、ということはないだろうな?
posted by てけすた at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ばかばなし | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

脂肪は伊達じゃないのか

なにか気になる見出しをみつけた
内臓脂肪が神経通して食欲調節 東北大などが実験で解明

http://www.asahi.com/life/update/0308/003.html
中年太りで気になる内臓脂肪には、神経を通して食欲を抑える働きがあることが動物実験で分かった

人間の身体というのはほんとにうまく出来てるものだなあ、と感心してしまった。
内臓に脂肪がつけばそれ以上は食べなくていいというサインが送られるのか。
だが、実際問題、内臓脂肪たっぷりとお見受けする方の中にしばしば大食漢らしき人がいるのはなんだろう?
人間というのは謎の生き物ですな。
posted by てけすた at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ばかばなし | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

検索の不思議

googleで何気なく“3月3日”と検索してみたんだが、引っかかったWikipediaの項目が「8月3日」とか「2月3日」なのはどういうことなんだ?
私は3月3日の項目が見たかったのだが。
posted by てけすた at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ばかばなし | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

すいすいだね

昨日あたりから世の中はやれ里がえりだ、やれ海外だと忙しいせいかネットの動作もわりとスムーズに動いている。人口が少ないっていうのはいいねえ。
休日なのにseesaaがこんなにスムーズに動いてどうしようかってくらいである。
これが年末から正月にかけてまた「あけおめ」攻撃が始まるから混むんだよなあ。
という訳で今年はこれで終わりだな。
どうせネタもないから明日やったところでどうでもいい内容になりそうだし、ってこの記事もそうだな。
来年は、お年玉年賀状のチェックを古い年賀状と間違わないようにしたいであります。
↓関連記事
http://tekesuta.seesaa.net/article/1649259.html
posted by てけすた at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ばかばなし | 更新情報をチェックする