2015年08月30日

追憶よ、さようなら

おひさ♪
いろいろと頭が忙しくて本読めてません。8月なんかとうとう1冊も読了しないで終わってしまいそうな塩梅なので日常生活のことを少し。

今年のお盆のことだが、PCの電源がすぐ落ちてしまうようになった。そろそろ買い換えなければならないと思いつつも無理やり使っていたのだけど、とうとう20分くらいで過熱して落ちるので、新しいのに変えた。
windows10まで待てなかったけど、アップデート無償提供対象の機種だからまあいいや。
今まで有線でつないでいたのも無線LANになったよ♪
でも、無線は不安定だから大変なんだ。
突然遅くなったり、切れたりすることがある。

ところでこんな記事見かけたんですが
Windows 10 で自動的に収集される情報とデータの種類を知っておいてもいいのかもしれません
収集されるデータには、お客様の名前とメール アドレス、お客様の優先事項と興味に関する情報、位置、閲覧、検索、ファイルの履歴、電話による通話、SMS データ、デバイスの構成とセンサー データ、音声入力、テキスト入力、手書き入力、アプリケーションの使用状況などがあります。
マイクロソフト社「プライバシーに関する声明」より

記事の孫引きですまん。
PCに入力したものはおろか、手書きのものまで自分のデバイス通ったらすべて流れるという仕組みなのかな?
こういうの見るとすぐディストピアな小説なんか連想してしまうのだが、まあすごいよね。

ということで、10にアップデートするのはもう少し様子を見てからにして、それまでの短い時期を末広がりの8でネットライフを楽しむことにしよう。
個人的にはwindows99っていうのが欲しいんだが。(漫画ネタですまん)

容量に対してネット上では展望と追憶が多くなりすぎて最後はyoutubeも満足に再生できなくなったあなたにねぎらいの言葉を。
お疲れさま、windows vista
posted by てけすた at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | PC周辺 | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

【解決!!】vistaでシャットダウンできない

今、感想かけそうな本読んでないので、別のことを書く。
先月のことであるが。
ネットを終えたので電源切ろうと思い、シャットダウンをしたのだが、なぜか最後の「シャットダウンしています…」の画面のまま電源がずっと切れない状態になった。そのときは仕方ないので強制終了させた。幸い次に立ち上げたときにはなんともなかったため、また同じくシャットダウンしたら、また電源が切れない。これはいかんなと思って、いろいろ調べてクリーンブートやらBIOS更新やら、システムの復元まで試してみたんだが、どうにも直らない。
いつも手動で強制終了させてるのはPCによくないし、こりゃ、再セットアップという最悪の事態を迎えてしまうのか?どうしたらよかろうと思案していて、とあるブログを思い出した。
それはいろいろ調べている最中に見かけたのだが、なんでも

“ユーザー切り替え画面からシャットダウンしたら直った”

という内容であったように思う。
いろいろやってる最中には歯牙にもかけなかったその情報、最悪の事態の前にダメモトでやってみるかと、
自分のユーザー画面をログオフしてユーザー切り替え画面を出し、そこからシャットダウンしたところ。

電源か切れた!!

やっほう。
それからしばらくは用心のためそういう手続きをして電源を切っていたが、数日前に試しに自分のユーザー画面から直接シャットダウンしてみたら、ちゃんと電源か切れて、完全に直ったようである。よかったよかった。

Vistaでシャットダウンできなくなったとき、いろいろやる前にまずこの一番簡単な方法を試してみるがよい、ってことで覚書。
タグ:Vista PC
posted by てけすた at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | PC周辺 | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

Windows Vista Cドライブ拡張してみた

うちのPCはVistaで購入してから3年半ほどになる。
VistaはどういうわけかOSの入ってるドライブの容量を激しく食うことが話題になっていて、うちのもご他聞にもれず、どんどん容量が減っていってびっくりしたことがあった。
一つには復元ポイントをどんどん作るので容量が減るということだから、ディスククリーンアップで古い復元ポイントを消すか、作成されるのを停止すればいいのだけど、それでもじわじわとドライブの容量は減ってゆくのが気にかかっていた。
調べてみると、購入当時は添付書類の数字に従うなら27.5GBだったのが、3年半で37GBまで増えていたのである。
これは更新プログラムなどを入れてるから仕方ないんだろうけど、Cドライブは46.5GBしかないんだよ?この調子だとあと3年でドライブが満杯になってしまう。
そこで、Cドライブ拡張を考えざるをえなくなった。
幸いDドライブにはかなり余裕がある。そこから54GBほどもらって100GBにしてみたい。

そういうことでネットを検索すると、Vistaはドライブのパーテーションを変更できる仕組みがついているらしい。
MT Systems:Windows Vista システム領域(Cドライブ)の拡張(パーティションの仕切り直し)
しかし読んでみると、Dドライブを一度削除しなくてはならないようなので、悩む。
で、この記事のコメント欄を見るとなんだかよさげなツールの名前が出てきた。
「EASEUS Partition Master」という。これだとDドライブのデータはそのままで変更できるらしいので、もう一度検索をかけてみて、調べてみたあとに、このツールをダウンロードしてチャレンジしてみることにした。

続きを読む
タグ:PC
posted by てけすた at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | PC周辺 | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

呪いのOSかもしらん

先ほどtwitterでつぶやいたのだが、うちのPCではこの頃あるトラブルが起こるようになった。
それが、自分のところへログインしようとすると、
Windows サービスに接続出来ませんでした。
System Event Notification Service サービスに接続できませんでした。
このため、標準ユーザーはこのシステムにログオンできません。
管理者ユーザーはシステムイベントログを参照して、このサービスが応答しなかった原因を確認できます。

という表示がでて入れなくなってしまうこと。管理者用のところだけはログインできるが、インターネットを含めたネットワークが使えなくなり、ファイルを開くくらいしかできなくなってしまうという恐るべきトラブル。
最初に起こったのは忘れもしない7月終りのことであった。そのときは再起動してみたり、線がきちんと繋がってるか確認したり大汗かいて、もう直らない、どうしよう、って頭抱えたのだが、共有者がそのときやってきて、システム復元をしてみたら?というのでやってみたところ直ったのでほっとしたのであった。
それからまた2回ほどそんな状態になって、そのつどシステム復元をしていたが、こんなことばかりやってられないと
「system event notification service サービスに接続できませんでした」
で検索してみたら、あるわあるわ。びっくりです。
一応直し方を載せているサイトがあったので、そこをメモしておいたが、参考までにurlを載せておくと
http://ice-cube.blog.so-net.ne.jp/2009-04-07
もう、ならないで欲しいことを祈るが、またトラブルが起こったときはこの方法を試してみようと思う。

それにしてもだ、検索結果の上位をいくつか覗いて見たが、再起動で直る人もいればリカバリーまでやったひとまでいろいろ。しかもみんな原因が不明なんだよね。何かしらダウンロードや更新プログラムが怪しいという感じはもってるらしいのだけど、肝心のマイクロソフトにこの情報がないのはなぜだ?
それに、どうもこのトラブル、なぜかVistaばかりのような気がするんだよね。なーんだか貧乏クジかい?ビスタ君は。

おまけ、tweet転記
タグ:Vista
posted by てけすた at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | PC周辺 | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

Windows Vistaにしてからの不都合

新しいPCに変えてから2ヶ月。以前が不安定と評判だったMeがOSだったため、Vistaがよろしくないというインターネットでの噂もなんのその、結構快適な生活に入ったのであった。
ところが、データをCDに書き込もうと思ったときにそれまで感じてなかった不都合を感じた。
容量があるので以前書き込んだものに再び書き込もうと思ってそれができなかったのである。
以前書き込みに使ったソフトはDirect CDかもしくはEasy CD Creatorだったのだが、同じメーカーのPCであるにも関わらず、今回は両方ともインストールされていず、別のソフトEasy Media Creatorがかわりに入っていたのだ。
書き込みしてたCDはまだ容量の3分の2以上残っているが、新しいソフトで書き込めば以前のデータは当然消えてしまう。
仕方なく新しいCDで保存したけど、なんだか釈然としない。
調べてみると以前書き込みに使ってたソフトはVistaは対応してないらしい。
しかし、こんなことに文句をたれていてはいかんのだろうな。
なにせITという業界の一部はサポートが終わったOSはweb上から出ていけ、とおっしゃるようなところですし。
世の中は常日頃進歩してるのは承知なのだが、できるだけ以前のものも使えるようなかたちにして欲しいと願う。
とはいえ、閲覧ができるだけまだいいのか?
ゲーム業界みたいに互換性のない複数のゲーム機よろしく何台もPCを保有しなくてはならなくなったらまったく使えない。
タグ:ソフト
posted by てけすた at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | PC周辺 | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

厳しい環境

我がロートルPCはメモリがかなり少ない。おまけにOSは7月でサポート終了になったアレである。
ここまで新機種から外れてくるとインターネットも快適に、というわけにはいかなくなってきた。
まず、某ポータルサービスのアバターが使えなくなった。
ちょっと動画を使ってるサイトへいくとすごく重くなって再起動するはめになる。
恐ろしくてブログパーツ満載のサイトへ飛べない。
ネットの知り合いさんが新しいサイトを作ったというので行ってみたら画像がすげー重くて表示に5分以上かかった。もちろんご本人にはいえないのでそのまま黙っているが。
たった六年でこんなに不便なPCに成り下がるとは思わなかった。
まあ、おかげで怪しそうなところはクリックしないようにしてるから好奇心によく負ける私にとっては自制心をつけてくれる良いマシンなんだろうな。

タグ:OS パソコン
posted by てけすた at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | PC周辺 | 更新情報をチェックする