2016年07月27日

誰に向けられた声明か?

相模原殺傷に関する毎日新聞の記事から。
強い憤り…障害者団体が声明
毎日新聞2016年7月27日 11時37分(最終更新 7月27日 11時37分)
相模原市の障害者施設殺傷事件を受けて、障害者や家族でつくる団体が相次いで声明を発表した。

 知的障害者やその家族でつくる「全国手をつなぐ育成会連合会」は26日夜、ホームページで「職員体制の薄い時間帯を突き、抵抗できない知的障害のある人を狙った計画的かつ凶悪残忍な犯行であり、到底許すことはできない」と強い憤りを表明した。その上で「障害のある人一人ひとりの命の重さに思いをはせてほしい」と訴えた。

 また、NPO法人「DPI(障害者インターナショナル)日本会議」も27日に声明を出した。植松聖容疑者が「障害者なんていなくなればいい」などと供述していると報じられている点に触れ、「事実だとすると、障害者を『あってはならない存在』とする優生思想に基づく行為に他ならない」と非難。「事件にひるむことなく、障害者の生命と尊厳が守られ、さまざまな権利が行使できるように、活動をよりいっそう強める決意だ」としている。【飯山太郎】
http://mainichi.jp/articles/20160727/k00/00e/040/267000c

偏見を助長しない報道を NPOが要望書
毎日新聞2016年7月27日 00時03分(最終更新 7月27日 00時04分)
相模原の障害者施設殺傷事件で、精神疾患の当事者支援に取り組んでいるNPO法人地域精神保健福祉機構(略称コンボ)は26日、当事者への偏見を助長しないよう配慮した報道を求め、報道各社に緊急の要望書を提出した。事件を巡っては、逮捕された(記事中の氏名は引用するとき削除しました…管理人より)容疑者(26)が精神保健福祉法に基づき措置入院していたなどと報じられている。

 コンボは「精神科病院に入院」などと報じると、事件の原因が疾患にあるという印象を読者に与え、偏見を助長するとしている。2001年の大阪教育大付属池田小の児童殺傷事件では、「精神障害者の犯行」と伝えられ、当事者に大きな報道被害を与えたという。

(共同)
http://mainichi.jp/articles/20160727/k00/00m/040/184000c

この事件は、元職員が施設の入所者を次々殺傷した近年まれにみる凶悪事件として報道された。容疑者がなにを考えてこのような事件を起こしたのか、彼が書いたとされる衆議院議長への手紙や最近の行動からするとかなり解明には困難がつきまといそうな感じがする。

こういう事件に関する関係者やその周辺の人々の声明が報道されるたびに、彼らは本当は誰に訴えたいのかもやもやしてしまう。直接には関係者に訴えてはいる形にはなるが、どこかもっと漠然曖昧とした怪物に挑んでいるような気がする。少し前に読んだキルケゴールなんぞ思い出してしまうのです。

概念的生成物に対する彼の見方は、「現代の批判」で、公衆とジャーナリズムについて語るときに、現代にも通ずる警告が秘められている。何事にも分別をもつような時代では、ジャーナリズムの助けをへて「公衆」という化け物を生み出すこと。これが誰にでもあるくせに誰でもないという幻影であり、これがしばしば退屈しのぎに、いけにえを求める
(過去記事より―キルケゴール 死にいたる病 現代の批判)

さすがに退屈しのぎの生贄とはこの場合当てはまらないが、それでも 「一部の人たちが特別な人に…」という感情はちょっと穿り返せば見つかるのではあるまいか?ここで私はだから有効的な対策を考えろという話をしたいわけではない。むしろ考え方としては逆で有効策などないと思う。有効策などない、という覚悟をすることで、私たちはこれらの声明に対して真剣に自らの在り方を問うことができるのではないかと思う。曖昧模糊とした怪物は自分であるかもしれないという自覚。

posted by てけすた at 12:34| Comment(2) | TrackBack(0) | メディアいろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
各種団体は、一体誰に対し声明を出しているのか?
国か?県か?市か?それとも我々か、、、

庶民に対し、「少しでも差別したらわかってんな!」と威嚇をしているように思うのは私だけだろうか?
Posted by 関東 at 2016年07月27日 16:07
関東さん

>庶民に対し、「少しでも差別したらわかってんな!」と威嚇をしているように思うのは私だけだろうか?

いえ、そう思う方はたくさんいると思いますよ。私もそう思いましたし。

ただ、庶民も「大衆」という隠れ蓑で差別感情を野放しにしていないか、というところも問われるわけでして…
Posted by てけすた@管理人 at 2016年07月28日 15:37
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440474046
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック