2016年07月24日

マヤ暦個人誕生kin年表

マヤ文明のことが気になっていたので、いろいろと閲覧していた。
その中でマヤ暦での占いがあって、人生の流れを知ることができるかもしれない、という個人年表を作ってくれるところがあったので、ちょっとためしにやってみた。

マヤ暦神聖暦ツォルキン 個人Kin年表
フォームにデータを入れて送信すると、メールで返信してくれる。
この年表だが、サンプルに読み方が書いてあるとおり、13年周期で起承転結を繰り返していくということだ。それで自分の年表を見たら、結構この流れに乗っているので、なんか感心してしまった。

8歳から赤い時代に入っている。ここが「起」であってまあ、学校へ入学して、というのは6歳だけど、実はこの年に新しい学区になって学校が変わっているのよ。だからまんざら時期がずれているわけでもない。
次に白の「鍛錬」は文字通り、就活から始まる社会人への道のりの時代でもあった。
さて、次の13年は青の時代だが、ここは転機を迎える時代だという。
ふっ。いろんな意味でねえ、転機も転機、というかむしろ「雌伏」時代。ここの時代もうずっと続くのかと思っていたのだが。

なんと青の時代の生活から価値観ががらりと変わるようなことが起こって、それはたまたまその時期だったのか、と思ってたのだけど、年表みたら黄色の時代に変換した年なんだよね。いや、なにがびっくりってここの変わり目がびっくりだわ。

わたし自身は今まで生きていて、どうも7年とか14年周期で物事が回っている感じがしていたのだけど、マヤ暦は13年だからそれに近いまわり方をしているため、共鳴しやすかったのかもしれない。干支の12年周期ってどうも自分の感覚とリズムが合わないような気がしていた。

この間の自分がたりから面白いもの見つけてしまったな。
参考:読書と癒し―隠れメタル

--------------
個人kin年表をつくっているサイトのトップはこちらになります。
マヤ暦 神聖暦ツォルキン
--------------
【7.25追記】
ツォルキンの出し方に諸説があるようです。
自記事
http://tekesuta.seesaa.net/article/440392938.html

posted by てけすた at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ネット 雑談 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紹介されているKIN年表は、無料で作成してもらえるのですか?直接サイトに問い合わせれば良かったのですが、参照したところ、無料とも有料とも書かれてなかったので。。
Posted by なかさん at 2016年12月20日 17:07

>なかさんさん
>
>紹介されているKIN年表は、無料で作成してもらえるのですか?直接サイトに問い合わせれば良かったのですが、参照したところ、無料とも有料とも書かれてなかったので。。


返信だいぶ遅れて申し訳ありません。
年表は無料で作成してもらえます。
フォームにデータをきちんと入力すると、
折り返しメールで連絡がきます。
Posted by てけすた at 2017年01月26日 19:35
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック