2014年03月30日

パブロ・カザルス

野口整体の人がレコード好きでカザルスがどうのこうの、と書いてるのをみて、名前だけは知っていたのであるが、人に勧められてちょっと聴いてみるとこれがなんとも自分の好みだった。
いや、好みはひょっとして曲の選択にあったのかもしれないが、『鳥の歌―ホワイトハウスコンサート』を聴いて、涙したのだ。

出だしはメンデルスゾーンでチェロの悲しげな調べから始まり、これでぞくっときた。そしてクープラン、シューマンときて、〆は鳥の歌。この哀愁ある曲調にまた涙した。
録音状態ははっきりいってコンサートのライブであることだし、いろんな雑音が拾われているのは確かだけれども、1961年のあの冷戦時代、平和を願うカザルスがケネディ大統領を見込んでのコンサートと考えると、その雑音にすら何かのドラマを感じ取って、いわば“聴くDVD”みたいに頭の中で写真を基にした映像が脳内で作り上げられるのです。

雑音といえば、カザルスのうなり声も拾われている。
このうなり声は結構有名だったらしく、ちくま文庫の『パブロ・カザルス 鳥の歌』の中にこんな逸話が載っている。
エイドリアン・ボウルト卿の指揮でエルガーのチェロ協奏曲を録音しているとき、カザルスの伝説的な唸り声がマイクをとおしてあまりにもはっきりと聞きとれたので、頭にきたレコーディング・エンジニアはとうとう我慢がならなくなって苦情をいった。
「マエストロ、あなたの唸り声もみんな拾ってるんじゃないかと、弱ってるんです」
「だったら」とカザルスは落ち着きはらって答えた。
「レコードの値段を倍にできるね」

鳥の歌-ホワイトハウス・コンサート
鳥の歌-ホワイトハウス・コンサートパブロ・カザルス ミエチスラフ・ホルショフスキ アレクサンダー・シュナイダー

SMJ(SME)(M) 2008-11-18
売り上げランキング : 109


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

パブロ・カザルス 鳥の歌 (ちくま文庫)
パブロ・カザルス 鳥の歌 (ちくま文庫)ジュリアン・ロイド ウェッバー

筑摩書房 1996-09
売り上げランキング : 175514


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by てけすた at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術、音楽など | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック