TOP > 病弱日記(喘息とか) > ナゾネックスの記事
2009年02月27日

ナゾネックスの記事

喘息ではなく鼻炎の話になるが、関連があるのでちょっと書いておく。
昨日、新聞で花粉症の新薬として、ナゾネックスという局所ステロイド剤を紹介した記事を読んだ。ステロイド点鼻薬については今までにもあったが、1日数回使う必要があった。私も、鼻が悪いときにフルナーゼを処方してもらって、1日2回使っていたことがある。しかし、ナゾネックスは1日1回ですむというのだ。
そういえば、喘息の吸入ステロイドにも1日1回ですむオルベスコというのが出てきてたなあ。成分を見ると、ナゾネックスとは違うものらしいが、まあ、なんにせよ、1日1度ですむ薬は便利ではある。

それはさておき、そのナゾネックスの記事の中で札医大の白崎准教授がこんなことを述べていた。
「日本では抗ヒスタミン剤の投与が第一選択だが、欧米では局所ステロイド剤が主流。今後、日本でも治療の流れが変わるかもしれない。」

北海道新聞2009.2.26 17面より

以前、私は喘息では吸入ステロイドが第一選択なのに、アレルギー性鼻炎ではそうでないのはなぜなのか、という疑問をブログに書いたことがあった。
2008.2.23 ちょっとした疑問
欧米では鼻炎も局所ステロイドが主流であるということを知り、日本で抗ヒスタミン剤が主流なのは認識の問題なのだなあ、と感じた次第。
ただ、ステロイド点鼻剤は粘膜が弱くなるのか、ちょっとしたことで鼻から出血することがある。気管支より物理的刺激が多くなるだろうから、一概に吸入ステロイドと一緒に考えるのもどうなのか、ということはあるかもしれない。
となると、実は気管支も粘膜が弱くなってる、ということもありうるのかな?わからんが。
まあ、最後は効能と副作用の兼ね合いということになろうか。

またごちゃごちゃになってきたが、信頼できる医師と出会って話し合いができる環境で薬を処方してもらえるのが一番良いな、なんの病気にしろ。


【PR】突然の病気や怪我(泣) あなたの体験募集中!医療リンク.com
口コミはこちらから。


posted by てけすた at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病弱日記(喘息とか)| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114888271
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
【PR】【Bizoux(ビズー)】公式通販サイト