2017年05月21日

由比ヶ浜 六地蔵

GWにリトリートと称して1週間ほど出かけた先は鎌倉周辺。ワークショップ系の講座に参加していたので、ほとんど観光できなかったのであるが、講座先が由比ヶ浜だったので、滞在先の大船から電車で鎌倉へ行き、そこから江ノ電に乗るというコースで通うつもりでいた。

ところが、江ノ電。混むのよ。まあ観光地だから仕方ないんだけど、ほぼ10分おきの発車でも混んでて乗れない場合があるとかなんとか駅で知ったので、講座先の人に、鎌倉駅まで歩いて通う道筋を教えてもらった。以後、鎌倉から講座先まで徒歩15分の道を通うことになるが、ずっと建物の中での講座だったので、これはいい運動になった。

この通う道筋でお地蔵様を見かけた。
KIMG0268.JPG
なんかよくわからんけど、手を合わせて写真を撮らせてもらう。
このあたりの地名というか「六地蔵」というのを見かけたので、帰ってから検索をかけてみたら、なんと処刑された罪びとを弔うお地蔵様だったとのこと。
六地蔵―鎌倉タイム
こういう弔う系だと、なんとなく怖い感じがしてしまうのが、一般素人の感覚なのだけど、そのときは知らなかったし、なんとなくずっと天気も良かったので、穏やかな一角に感じられた。どこかこの土地を見守っているような。
まあ、私は歴史の浅い土地に住んでるから、のんきにも「笠地蔵」なんかを連想してしまって、私もなにか帽子なんぞお供えしたらなにかいいことあるかしら、くらいにしか思ってなかったわ…


海も近い由比ヶ浜
KIMG0264.JPG
太平洋だからすごく開けていて、黒船来航だの、補陀落渡海だの、そんなものを連想させる。
鎌倉って結構いい土地だ。頼朝がこの土地に幕府を開いたのもわかる気がする。


ちなみに、鶴岡八幡宮にも行ってきたのだけど、写真撮れなかった。
posted by てけすた at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

大船観音寺

ここ最近、家から少し離れて、どこか数日間ぶらぶらしたいと思っていた。でもなんの目的もないのにどこかホテルに泊まったりするのもアレだしなぁとか思ってその件はそれきり忘れていたのだけど、2か月ほど前に遠方で1週間リトリート的なイベントを見つけ、ちょっとそれに参加してみようかなと思い立ち、申し込んだのだった。

それが今年のゴールデンウィークの期間。遠方なのでホテルで7連泊ということになり、期せずして「家を離れてぶらぶらしたい」という願いは叶ったのだった。

さて、その出かけたところは鎌倉近辺。泊まったのが大船のホテルだ。そこで私は窓から奇怪なものを目にする。
KIMG0259 (1).JPG
なんと観音様の頭が見える部屋。調べると「大船観音」と呼ばれるものらしい。
こんな観光スポットは調べてなかったので、予定に入れてない。でも見に行きたいので、最終日、ちょっとホテルを早く出て、観音様のところへ向かった。

観音像を正面から見て「あっ!」と思った。
KIMG0269.JPG
これ、マリア観音じゃないですか?
何が、と言われると困るのだけど、しいて言えば胸もとの十字の模様がそう連想させたかもしれない。

この観音様のある大船観音寺では原爆の慰霊碑もある。
このマリア観音みたいな観音様と言い、原爆慰霊碑といい、なんか山田風太郎の著作世界みたいだなあ、と感じたのだった。


posted by てけすた at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 雑記 | 更新情報をチェックする