TOP > 2016年10月
2016年10月25日

1000円(税抜)カットに行ってみた

理容室ではかなり前からあった格安カット。
このところ美容室でもちょくちょく見かけるようになって、とうとううちの近所、歩いて5分圏内に1000円カットの店が登場した。
格安カットのいいところは、値段もそうだけど、速いし余計なシャンプーをしないで済む、というところだろう。ただ、女性の場合、スタイリングや髪の毛が長い、など格安カットではなかなか難しい部分があったのも事実。それを始めてるのだから、いったいどうなってるのかな、と思ってためしに散髪しに行ってみた。

近所の格安カット店は料金先払いである。
支払い後、席に案内されるが普通の美容室とは違ってブース状に仕切られていて荷物や上着も全部そこに持ち込むようになっている。
その日は長く伸びた髪を一気に切りそろえて縛らなくてもいいようにしようと思ってそう申し出た。
かなり長く伸びていたので、ショートカットは断られ、肩ほどのボブカットで妥協する。

スプレーで髪の毛を軽く濡らした後におもむろに切り始める。この辺はまあ普通の美容室。
ただ、あまりスタイリングにこだわらないというか、ちょきちょきと手早く切っていくところが違う。10分カットを売りにもしているのだし、まあ当然だろうな。
特に文句をつけたくなるようなものではないのだが、ざっくり感は否めない。注文つけてもいいのだろうが、格安料金という感覚がそれを妥協させて「ま、いいか」みたいな気分に。

切り終わった後は、軽くスタイルをドライヤーで整えた後に、これでいいかどうか確認して、良ければ掃除機のホースみたいなのにブラシみたいなのをつけて頭全体を掃除機をかけるようにして、髪の毛の切ったものを吸い出す。カット後の洗い流しなどないのである。またスタイリング剤で髪を整えることもしない。
それで終了。だいたい15分ほどだった。
終わると、美容師さんは
「お早めにシャンプーお願いしますね」
とコメントを残す。

店を出て、信号待ちしている間に髪の毛を触ったら、切った髪がごっそり手についてきた(-_-;)
ああ、なるほど。
やはり掃除機みたいなので吸い出すだけではとても髪の毛の切りくずを綺麗にできないらしい。
ということは、このままどこかへ出かけるのはちょっと難しいということにもなるわけで、格安カットは家のそばにないと利用しずらいな、と思った。

まあ、格安カットはおしゃれしにいくのではなくて、伸びた髪をこざっぱりしにいくためのものだからこれはしようがないね。自分で散髪できれば一番いいけど。
でも、こざっぱり散髪したいだけなのに、いちいち髪の毛をシャンプーしたり、どこにも出かける用事もないのに、スタイリング剤で髪型をセットされるのも業腹だったから、これはこれで結構よいかも、という感じはしているよ(´▽`*)


タグ:散髪
posted by てけすた at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 雑記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年10月16日

世の中には頭のいい人がたくさんいる

ちょっとこれは自分的に書いていいものなのかどうなのか、迷ったのだけど、なんとなくへっぽこジャーナリストの気分になって、ちらっと書いてみようかと思う。

実はネットビジネスの立ち上げ方について情報を知る機会があった。
彼らによればネットビジネスほどローリスク(ほぼゼロリスク)ハイリターンなものはない、という。
なにせ、始めるにあたって投資しなくてはならない金額は既存の事業より格段に少なく、なのにネットなので、アピールできる領域は限りなく広く、そして当たればでかいし、外れても投資額が少ないからそんなにダメージを受けなくて済む。って話。

インターネットを使ったビジネスといえば札幌の商工会議所が、人材育成センターのページに載せてる講座の見出しのひとつに
ホームページ レベルアップ講座 〜ホームページな優秀な営業マン〜
なんていうのがあったなあ、って思い出して、あんな感じなのかな、と思ってみてみるとやっぱりそんな感じ。かなりの金額を稼いでいる情報発信者などは、企業にそういうスキルなどを教えているという話でもあった。

で、私が「この人たち頭良いわ」と思ったのが、資金なしからどうやって資金を捻出するか、というとっぱじめのことについてのアイデア。
彼らはこのアイデアを自分たちと繋がりのできた読者に対してだけ教えている。
で、このアイデアをこ、ここに、今、ちらっと、書いてしまおうと。

いや、私なんかそれ知った時に
「自分、ほんと間抜けだわ、そうだよね、そういうことできるよね」
と反省したくらいだもの。
目的意識が高い人などんなことでも、その目的に使うといういい実例。

と、ここまで引っ張ったが、なんのことはない。
ポイントサイトで資金をためる…

ということなんですわ。
まあ、彼らが一味違うのは、お買い物なんてしません。(金使ってられるかよ)
お金ださずともポイントもらえるところを狙うわけで。
しかし、そんなんで貯めてたらえらく時間がかかりそうな気もするだろうと思ったのだが、
高額ポイントのところを狙うと意外と早くたまるとか。
だいたい、必要資金の見積金額がそれほど高いわけでないので、これかなり現実的に通用する話らしいのだ。もっとも、資金調達後にやる作業についてのアイデアは効果的かどうかは知らん。

ちなみに、こういう私のようなブログでは彼らのようには稼げないらしいです。

ていうか、この記事のジャンルを「起業・SOHO」にしてもよかっただろうか?してしまったが。
posted by てけすた at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット 雑談| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年10月01日

2016年9月読了本


期間 : 2016年09月
読了数 : 2 冊
ゆっくり呼吸で病気は治る!
帯津 良一 / 宝島社 (2012-07-13)
読了日:2016年9月10日
この間、精神疾患で薬漬けになったあげく自死した人についての記事を見たんだ。医学を信じて次々と薬をもらうのだがどんどんと状態が悪くなる一方だった。大病をしたことがない人は代替療法やホリスティックに懐疑的な視線を向けるけど、それは病気を知らないからだと思う。医者だって病気のこと知らない人がたくさんいるからあんな風に週刊誌で手術や薬の悪口書かれるようになったんじゃないの?
整体から見る気と身体 (ちくま文庫)
片山 洋次郎 / 筑摩書房 (2006-07)
読了日:2016年9月2日
病気を乗り越える、という考え方、なんとなく納得できる。ドラゴンボールで瀕死状態から復活するとパワーが増す、という設定思い出したわ。あれ病気じゃないんだけど、病気も結構そのようなものなのかもしれないと思ったり。
posted by てけすた at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本 (その他雑談)| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【PR】【Bizoux(ビズー)】公式通販サイト