TOP > 2010年02月
2010年02月26日

吉川英治、坂口安吾

2冊まとめて簡単に。

『梅里先生行状記』吉川英治
最近夕方家にいるときは水戸黄門の再放送なんぞ見てる。で、図書館でこの本があったので、テレビ以外の水戸黄門がどんな書かれ方をしてるのか知りたくて借りてきた。
この中で光圀は時の将軍綱吉に煙たがられる存在であり、話は水戸の家老藤井紋太夫が柳沢吉保と結託して光圀を排除しようとしてる、その陰謀に立ち向かう老公と彼の側近たちのことを描いているのだが、ここでの光圀は体制批判者として描かれており、これをテレビの黄門様に当てはめると世直しは暗に乱れた綱吉の世を批判してるとも見て取れるなあ、などと思いながら読んだ。もっともテレビの黄門様がどんなスタンスで描かれてるのかよくは知らないんだけど。
梅里先生行状記 (吉川英治歴史時代文庫)
梅里先生行状記 (吉川英治歴史時代文庫)
講談社 1990-10-08
売り上げランキング : 727182


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『安吾史譚』坂口安吾
坂口安吾による7人の歴史上人物に対する評論めいた随筆。登場するのは、天草四郎、道鏡、柿本人麿、直江兼続、勝小吉(勝海舟の父)、小西行長、源頼朝、である。
天草四郎を黒幕あっての名演技者としてとらえたり、小西行長を隠れた辣腕外交官としてみたりと、独自の見方はなるほど、と思わせることが多い。特に行長のところで、秀吉の朝鮮役については秀吉が交易を目的としていて、しかしながらあからさまにそれを出すと日本国内で軽く見られるからというのでわざと騙されたふりをして出兵した、という話はなかなか面白いなと思った。安吾の歴史小説はそのうち読んでみよう。
安吾史譚 (河出文庫)
安吾史譚 (河出文庫)
河出書房新社 1988-02
売り上げランキング : 268544

おすすめ平均 star
star安吾ならではの魅力的な歴史・人物観

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タグ:歴史
posted by てけすた at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本 (国内) 小説| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月24日

幼女と煙草 ブノワ・デュトゥールトゥル

子どもに人権を。煙草は体に悪い。
これはもっともなことである。人間として生まれたからには年齢人種性別問わず等しく人権を持ってるし、煙草もちろん、体を壊して煙草をやめた私としては健康に良くないことも身をもって知っている。
が、この2つを重視するあまり子どもをのびのびと解放し、禁煙社会にするということは子ども嫌いで喫煙する主人公にいわせれば幼児化する社会なのだそうだ。
まあ、小説内の世界では子どもは傍若無人、いたるところ禁煙とあっては主人公が毒づきたくなるのもわからないではない。
話はある死刑囚が刑の執行前に煙草を求めたことから始まる。これは良識が必ずしも正義ではない、という批判をする展開なのかな?と思いきや、うっかりしたために主人公に襲い掛かる煙草と子どもにまつわる不条理展開になって、空恐ろしくなってくる。

問題なのは子どもでも煙草でもない。
良いことだと信じるがゆえにしばしば無意識に加担してしまう、世論という名の暴力だ。
幼女と煙草
幼女と煙草赤星絵里

早川書房 2009-10-09
売り上げランキング : 253331

おすすめ平均 star
starブラックな風刺劇としては一級品ですが、徹底的な愛の欠如があまりにも寂し過ぎます。
star赤いマークがいくつも並ぶ超激辛
star残酷なばかりでちっとも面白くない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タグ:ブラック
posted by てけすた at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本 (翻訳もの)| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スカラムーシュ ラファエル・サバチニ

フランス革命の前夜となる時代。
主人公アンドレ・ルイは貴族に親友を殺され、復讐を誓う。
弁舌に長けた彼は民衆を扇動し官憲に追われて旅の一座にもぐりこむ。
そしてそこで類稀なる才能を発揮するのである。
弁護士からスカラムーシュという役者、そればかりではなく彼はさらに転遷する。

書き出しからしびれた。
アンドレ・ルイの人間像にもしびれたし、またそのときどきの台詞も気が利いてるし話のテンポもよくて息継がせぬ展開だ。
アンドレの動機は復讐心に根ざしているのだが、小説全体は決して暗くなることなく、むしろ台詞まわしにユーモアを感じるし、アンドレのような処世術、若いうちに知っておけば役に立つこともあるのではないか。
その処世術とは誰かを演じるように人生を生きること。
もちろん、彼が世間的に多大に成功するようなことはないので、そういう意味で出世の役には立たないと思うが、人間誰しもピンチの時はある。そんなときにアンドレのような考えをすることでパニックから自分を救い出す程度の効果はあるだろう。
彼はスカラムーシュを演じたが、スカラムーシュとは
“イタリア古典喜劇中の人物で根は臆病なのに大言壮語して、何か事件が起こると逃げ腰になる道化役”(訳者あとがきより)
とはいうもののこのスララムーシュは臆病どころか実に大胆に見える。そこがまた魅力的だ。
スカラムーシュ (創元推理文庫 513-1)
スカラムーシュ (創元推理文庫 513-1)大久保 康雄

東京創元社 2000
売り上げランキング : 106118

おすすめ平均 star
star美しい言葉がかっこいい
star冒険の時代
star結婚したい男性●ナンバーワン!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
タグ:歴史小説
posted by てけすた at 16:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本 (翻訳もの)| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月21日

地獄太夫―初期短篇集 山田風太郎

徳間文庫山田風太郎妖異小説コレクションの覚書
「みささぎ盗賊」…神功皇后陵に忍び込んだ盗賊たちの見たものは。
「芍薬屋夫人」…シーボルトに入門した青年とその恋人の話
「宗俊烏鷺合戦」…小田原の宗俊、牢内で語る。
「地獄太夫」…売れっ子太夫自害の真相に一休法師が迫る。
「妖僧」…織田家臣赤巻が心酔した修験者とは。
「山童伝」…鉱山の山師を率いた大久保石見守の息子が見たもの。
「悲恋華陣」…秀吉に包囲されて飢餓寸前になってる城中である書状が届けられた。
「幽霊船棺桶丸」…台湾近郊に幽霊船が出るという噂がある。フランスの船はそれを一笑して出港するが。
「山田真竜軒」…荒木又右衛門を仇として追う娘を後見する山田真竜軒。
「死顔を見せるな」…夜な夜な甲冑の幽霊が出るという噂の土地にやってきた一人の虚無僧。
「起きろ一心斎」…由比正雪に表れた老人一心斎。正雪は彼に女性を世話する。
「数珠かけ伝法」…博打が止められずにとうとう妻まで賭けるはめになった男の顛末。
「お玄関拝借」…新手のたかりお玄関拝借の話。
「明智太閤」…もし、あのとき本能寺の知らせが敵に早く知られてたら。
「国貞源氏」…歌川国貞に春画を以来してきた武士と国貞のこと。
「一、二、三」…時は幕末。「一、二、三」と掛け声を出して人を切ろうとする7人の若侍たちの話。

全部で17編。歴史小説だがどれも意外な結末となっていて、作家初期の頃からストーリーが奇抜であることに感心する。残念ながらこの本も品切れ状態で新品では買うことができない。
残念なことである。
地獄太夫 初期短篇集―山田風太郎妖異小説コレクション (徳間文庫)
地獄太夫 初期短篇集―山田風太郎妖異小説コレクション (徳間文庫)
徳間書店 2003-10
売り上げランキング : 532767

おすすめ平均 star
starヘヴィな愛?地獄太夫

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タグ:時代物
posted by てけすた at 13:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本 (国内) 山田風太郎| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月20日

パンセ(中公クラシックス全2冊) ブレーズ・パスカル

「考える葦」で有名なパンセ。この言葉から連想するに人間考察がずらずら書かれてるものかと思いきや、いえ、人間考察であることは間違いないんだが、キリスト教についての著述が大半を占めていたので、少々面食らった。
解説によればこの遺稿は『キリスト教護教論』という著述の構想ノートだったという話。なのでこのような内容になってるのだね。
とはいえ、キリスト教がいかに優れているか、という話の前提として人間について述べてる部分があるのだが、これには私も肯うところが多かった。
パスカルによれば、人間というものはもともと不幸であり、だから他人が自分をありのままに言わずに、隠してくれるような物言いを好み、自分自身のことを考えないよう、気を紛らわすのであるという。性善説性悪説での分類はよく聞く所であるが、生まれながらに幸福か不幸かという視点で人間を見るという発想はなかっただけに、なるほどなあ、と思った。
で、さらに推し進めて人間はこのように惨めではあるけれども、その惨めさを知っているという点で偉大であると。この惨めさと偉大さという対立を説明し癒してくれるのが真の宗教であり、キリスト教はそれを為しうるというのだ。
この理屈はちょっとわかったようなわからないような感じである。思うにこれは自分の感覚のなかで高慢と怠惰は罪なのか?という疑問にあるんだろうと思う。向上心や謙虚さは美徳だけど、美徳がないから罪というのはどうなんですか?という私はきっとキリスト教的には呪われてるんだろうな。

中公クラシックスは2冊に分かれてるが、2冊目には後ろに「小品集」として科学の進歩について述べた「真空論序言」、パスカルが回心したときに書き付けた「覚え書」、エピクテトスとモンテーニュの著書から信仰を説いた「ド・サシとの対話」、幾何学の手法をもって論証と説得についての方法を説く「幾何学的精神について」を収録。
パンセ〈1〉 (中公クラシックス)
パンセ〈1〉 (中公クラシックス)前田 陽一

中央公論新社 2001-09
売り上げランキング : 141524

おすすめ平均 star
star死後、書類の中から見出された、宗教及び他の若干の主題に関するパスカル氏のパンセ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

パンセ〈2〉 (中公クラシックス)
パンセ〈2〉 (中公クラシックス)Blaise Pascal

中央公論新社 2001-10
売り上げランキング : 178328

おすすめ平均 star
star力なき正義は無力である、正義なき力は暴力である・・?!(;'Д`)ハアハア

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タグ:思想
posted by てけすた at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本 (翻訳もの)| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月19日

アホの壁 筒井康隆

この本の執筆にあたって、著者が考えた「アホの壁」とは良識とアホとの間に立ちふさがる壁のことだと序章に書かれていたのだが、さてアホとは一体なんだろう?おぼろげにイメージはできるのだが具体的に、となるとうまく言葉に出来ない。
本書ではその「アホ」の具体例が満載である。会議中にどうでもいいつまらぬことを喋りだす人、無意識のうちに失敗する人、怪我する人、計画するときに身内で固めたり、良いことだけしか考えなかったりする人、等等。
なるほど、個々の事例は思い当たるものばかりだが、これらの事例を集めた一人の人間というものを想像すると「アホ」の破壊力に感嘆してしまう。
そうさ、きっと「アホ」は破壊神の表れなのだ。そして人間は考える破壊神なのだ。
アホの壁 (新潮新書)
アホの壁 (新潮新書)
新潮社 2010-02-20
売り上げランキング : 59

おすすめ平均 star
starアホの坂田もびっくり

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タグ:新書
posted by てけすた at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本 (国内) 小説以外の著書| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月17日

秘戯書争奪 山田風太郎

将軍家定にお世継ぎをもたらすために古来から宮中に伝わる門外不出の奇書『医心方』を手にいれるべく、多紀法印は阿部伊勢守と謀り自分の甥丹波陽馬を京へ向かわせる。彼に追従するのは7人の甲賀くノ一。
そして、迎え撃つのは伊賀の忍者である。
忍法帖、とかく荒唐無稽とおもわれ勝ちではあるが、伝奇的手法をつかっているので、ここに登場する『医心方』も史実にちゃんと登場する書物なのである。このことは最初に断り書きがある。
この『医心方』が小説の要を支えてるといってよいほどだ。
しかし、この奇書で重要な役割をしている部分が“房内篇”なので、勢い内容がオヤジ向け雑誌系になってしまうのは致し方ないのかもしれんな。
まあ、相変わらずのナンセンスな部分は面白いが。
現在、刊行されてないのはそのせいなんだろうか。
ちなみに、古本で探すひとのために書き添えておけば、新潮社から出ている『秘書』も同じ小説で、角川文庫が今のタイトルに改題しているとのこと。
秘戯書争奪 (角川文庫)
秘戯書争奪 (角川文庫)
角川書店 1986-12
売り上げランキング : 584364

おすすめ平均 star
star類を見ない個性と迫力

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タグ:忍法帖
posted by てけすた at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本 (国内) 山田風太郎| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月16日

臨床家河合隼雄 谷川俊太郎・鷲田清一・河合俊雄編

河合氏から教育分析を受けた一人、川戸圓氏は恩師である牧康夫氏から河合先生を紹介された。河合先生と牧先生は友人であり、『ユング心理学入門』の前書きには牧先生の名を出して謝辞が書かれている。牧先生は強度の神経症で河合先生の分析を受けていたのだが、長くは続かず、河合先生とユング心理学に距離を置くようになり、別の方法に関わってゆくことになる。「それはあくまでも合理性を大事にしながら自身の問題と向き合おうとした牧先生の最後の努力だったと思う。」と川戸氏は書いている。
1976年。牧先生は大島へ向かう船の上から姿を消す。川戸氏は当時精神分裂病の研究をしていて、牧先生にフロイトの研究から離れて、精神病圏にある人の臨床の可能性を探りたい意向を話していた。それが現実的な「死」へと向きがちなエネルギーの方向性を、象徴的な「死」「異界」へと変容させることになるのではないか、そのような実験を自分に課してみたい旨を述べたのである。牧先生は彼に「川戸さんは強いですね。僕にはその強さがありません。精神病の研究の向こうにはユング心理学があるかもしれませんね」といった内容の手紙を差し出していた。
この手紙を持参し、牧先生の死後、川戸氏は河合先生に教育分析のお願いにあがった。河合先生はその手紙をじっと読んだあと、彼に返さずにポケットにしまいこんだという。
それから「あんたに覚悟がありますか?」と訊ねる。川戸氏は河合先生が牧さんからの延長で断れないという苛立ちをもってるな、ということを感じ取ったがひるまずに覚悟のほどを答え、次の週より分析に入ることになった。
そして夢を持参してそれについて話し合うという形式の教育分析がはじまり、分析後数回目に牧先生の夢が出てきた。
夢:広大な砂山を私と牧先生が登っている。しかし登っても登っても砂とともにザーッと滑り落ちてしまい、私たちは永遠に登り続けていなければならないことがわかる。登ることをやめると、ずるずると砂に飲み込まれてしまう他ないのだ。私が砂山の少し上方にいて、牧先生は少し下方である。ある瞬間に牧先生が登ることをピタリとやめられる。私は大声で「せんせー、駄目でーす。登ってくださーい。登り続けてくださーい」と大声で叫ぶが、牧先生はみるみるうちに砂に呑み込まれて行かれる。

川戸氏は分析室でこの夢を読み終わったがいつもなら一言おっしゃる河合先生がなにも言われない。河合先生は椅子の肘掛に左手の肘をついて掌で額と目頭を被っておられ動かれない。ふと泣いていらっしゃるのではないかと思ったという。
この夢の2年後に遺体があがらなかった牧先生とのお別れの会が催されたが、壇上でお別れの言葉を語ろうとされた河合先生は「僕と牧さんは…」と言われてあとは滂沱の涙となった。そのとき川戸氏は分析室で涙されたのではと感じたことは間違いではなかったと悟るのであった。
さて、川戸氏も語りださず、沈黙のうちに分析時間は終りに近づいた。終了時間ぴったりに河合先生はひょいと顔を上げられて、「時間がきましたな」と言われ不思議な時間と空間は閉じられた。
(P107〜112より要約)

故河合隼雄氏の臨床心理家としての姿を教育分析を受けた人からの文や対談などから浮かび上がらせる一冊。
臨床家 河合隼雄
臨床家 河合隼雄谷川 俊太郎

岩波書店 2009-09
売り上げランキング : 21666

おすすめ平均 star
star河合先生の厳しさが書かれています。
star自然治癒力を引き出し続ける根気

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タグ:心理学
posted by てけすた at 12:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本 (国内) 小説以外の著書| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月14日

天国荘奇譚 山田風太郎

光文社文庫山田風太郎ミステリー傑作選6の覚書

「天国荘奇譚」…中学生の風早、頼、雨宮、運野の4人組が新入生歓迎会で行う黄金仮面の芝居。
「露出狂奇譚」…銀座に現れた変な格好をした男。
「賭博学体系」…死んだ友人の妻の店に久々にそろった4人の男。そのうち賭博の確率についての話になる。
「極悪人」…極悪人についての小説を書くために取材を始めた居候作家。
「大無法人」…自分の好きなことをしようと道楽を始めた医者だがそのうちに…
「ダニ図鑑」…あるホステスにつきまとうムショ帰りの男を追い払う中年の客。それには深い訳があった。
「青春探偵団」寄宿舎に住む「殺人クラブ」という部に所属する6人の高校生が出くわす事件。連作短篇集。

「極悪人」は既読。「天国荘奇譚」は山田風太郎の中学時代がモデルになっている。寄宿舎の屋根裏に秘密の部屋を作ったり、夜中に寮を抜け出したりというのは著者の体験を元にしているとのこと。もっとも「黄金仮面」までモデルがあったらちょいとやりすぎではありますが、流石にそれはないだろうと信じたい(笑)
「青春探偵団」はその著者のモデルを戦後の新制高校に置き換えたもののようだ。
どちらの青春物もなんだかえらく楽しそうなんだが。
天国荘奇譚 ユーモア篇―山田風太郎ミステリー傑作選〈6〉 (光文社文庫)
天国荘奇譚 ユーモア篇―山田風太郎ミステリー傑作選〈6〉 (光文社文庫)
光文社 2001-09
売り上げランキング : 177205

おすすめ平均 star
star山田風太郎の青春

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タグ:青春
posted by てけすた at 12:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本 (国内) 山田風太郎| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月12日

ドン・キホーテ後篇(一)(二)(三) セルバンテス

(前篇についてはこちらへ)
ドン・キホーテ後篇は前篇と少し勝手が違う。前篇が出た後に他人の手による続篇が書かれているのだが、セルバンテスがそれを嫌って後篇ではそのことについてたびたび批判しているのである。
そもそもこの後篇自体が小説内では前篇が出版されていてそれが人々に読まれているなんていう、自己言及的な内容になってたりするのである。
こんなメタな感じで進む後篇なのだが、前篇のような開けっぴろげな滑稽さが薄くなり、どこか全体が皮肉めいて見えるのはどういうことなのだろう。なんともその辺りが文学してる。
そんななかでサンチョの弁舌にはますます磨きがかかり、諺の連発で人々の笑いを誘う。前篇では愚鈍のように見えた彼もここではきらりきらりと賢さを見せてくれるのである。彼が道化としていよいよキャラクターが磨かれていく反面、ドン・キホーテはだんだんとそのきらめきが少なくなってくる。前篇で何事も己の世界で物事を見ることができた彼は後篇では無条件にそれができなくなってきている。なんともそんなドン・キホーテに哀れを誘われてしまう。
最後になったが、岩波文庫版ではギュスターヴ・ドレの挿絵が入っていて、これがなかなか良い。ドレといえば神曲での挿絵が有名。
ドン・キホーテ〈後篇1〉 (岩波文庫)
ドン・キホーテ〈後篇1〉 (岩波文庫)Miguel De Cervantes

岩波書店 2001-02
売り上げランキング : 61073

おすすめ平均 star
starノーベル研究所が実施した文学者の投票で史上最高峰の評価を得たDon Quijote
starドン・キホーテの永い命。
star全12巻であっても読みたい名著

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ドン・キホーテ〈後篇2〉 (岩波文庫)
ドン・キホーテ〈後篇2〉 (岩波文庫)Miguel De Cervantes

岩波書店 2001-03
売り上げランキング : 115562

おすすめ平均 star
starノーベル研究所が実施した文学者の投票で史上最高峰の評価を得たDon Quijote
starドン・キホーテの永い命。
star全12巻であっても読みたい名著

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ドン・キホーテ〈後篇3〉 (岩波文庫)
ドン・キホーテ〈後篇3〉 (岩波文庫)Miguel De Cervantes

岩波書店 2001-03
売り上げランキング : 105360

おすすめ平均 star
starノーベル研究所が実施した文学者の投票で史上最高峰の評価を得たDon Quijote
starドン・キホーテの永い命。
star全12巻であっても読みたい名著

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by てけすた at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本 (翻訳もの)| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月09日

ドン・キホーテ前篇(一)(二)(三) セルバンテス

ドン・キホーテは前篇と後篇に分かれていて、どうも後篇は後から追加で書かれたらしいのでとりあえず前篇にあたる部分について感想をかいておくことにした。
ドン・キホーテ、思った以上に面白い本だ。内容は有名だが一応申し添えておくと、騎士道物語を読みすぎておかしくなった郷士が自分は遍歴の騎士だと思い込み出奔していろんな冒険をする。最初ひとりきりで出かけいろいろとドタバタを演じ、あげくの果てにボコボコにされて郷里へと運ばれてくる。ここで郷士と親しい司祭と床屋はこの元凶になった本を焚書するのだが、ドン・キホーテは傷から回復すると懲りずに今度はサンチョ・パンサをスカウトしてまた出かけてしまうのである。このサンチョとの漫才みたいな掛け合いと2人がまたしても酷い目にあうのがまるでコントみたいなのだ。このドン・キホーテ、騎士道のところでは妄想炸裂して気が狂ってるが、それ以外の話題では極めてまっとうなことをいう理性がある。サンチョは損得勘定は高いが主人が島をやるということを真に受けてしまうくらい愚かな部分があり、ちょっとばか正直なところがある。このサンチョのキャラクターは西遊記の猪八戒に似てるな、と思った。
ところで、前篇ではいろんな短い挿話がある。登場人物にかかわる話がほとんどだが、中にはどういうつもりで入れたのかわからない話もある。「愚かな物好きの話」というのがそうなのだがこれはちょっとデカメロンで語られるような人間の愚かさを扱っている。こんな物好きはいないだろうと思うがちょっと面白かった。
ということで後篇へ続く。
ドン・キホーテ〈前篇1〉 (岩波文庫)
ドン・キホーテ〈前篇1〉 (岩波文庫)Cervantes

岩波書店 2001-01
売り上げランキング : 18763

おすすめ平均 star
star世界文学の最高峰
starポスト・モダン小説の源流として
starなぜに『ドン・キホーテ』は小説の王たりうるのか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ドン・キホーテ〈前篇2〉 (岩波文庫)
ドン・キホーテ〈前篇2〉 (岩波文庫)Cervantes

岩波書店 2001-01
売り上げランキング : 56830

おすすめ平均 star
star世界文学の最高峰
starポスト・モダン小説の源流として
starなぜに『ドン・キホーテ』は小説の王たりうるのか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ドン・キホーテ〈前篇3〉 (岩波文庫)
ドン・キホーテ〈前篇3〉 (岩波文庫)Miguel De Cervantes

岩波書店 2001-02
売り上げランキング : 47021

おすすめ平均 star
star牛島訳はよくできてはいるけれども、それでも原書の音楽性を伝えていない
starこなれた訳の「ドン・キホーテ」
star前編の終わり

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by てけすた at 13:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本 (翻訳もの)| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月07日

シムビコートを使ってみた

このところ喘息は落ち着いているので特に薬を変えたり増やしたりすることはないのだが、シムビコートが1月に発売されたので、主治医が使ってみてくださいといって1本処方してくれた。
これは気管支拡張剤と吸入ステロイドが一緒になったもので、医者は発作が起こりそうな前に吸うといいといっていたが、現在の処方では頓服としては認められていないそうで、1日1回という処方になってた。
sinbi.jpg
で、3回ほど使ってみたのだが、特に切れ味がいいというほどではないな。以前アドエアを使ったときに感じたような切れ味は感じられなかった。
ただ、どうなんだろうな。パルミコートは副作用が少ないステロイドだということだし、これはこれでいいところがあるのかも。ちなみにシンビコートのステロイド含有量は160マイクロである。(前回使ったアドエアは250マイクロ)
ということであまり参考にならん記事ですいません。

ところでこのシンビコートを貰ったときに一緒に「タービュヘイラー吸入練習器」なるものを貰った。
sinbiren.jpg
口の部分を吸い込んでそれが薬を吸うのに十分な速度が出れば「ブー」とも「ボー」とも知れぬ少し低温の笛のような音がでるしくみだ。
やってみると思った以上にたくさん吸わないと音がしなかった。今までの自分の吸い方大丈夫か?と反省させられた器具。
タグ:喘息
posted by てけすた at 12:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 病弱日記(喘息とか)| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月06日

ヤマトフの逃亡 山田風太郎

廣済堂文庫山田風太郎傑作大全19
幕末に生きた人間を対象とした6短篇を収録。
「からすがね検校」…柳生家で危うく試し切りされるところだった盲人と柳生家の因縁話。
「大谷刑部は幕末に死ぬ」…千乗という小坊主の素性と運命。
「笊ノ目万兵衛外へ」…安藤対馬守が信頼している町同心笊の目万兵衛の苦難。
「伝馬町から今晩は」…牢座敷が火事になり囚人が一時解放される。3日後に戻ってくれば罪一等減じられるが逃げればあとがない。そんな中とある囚人がある夫婦のところへやってくるのだが…
「ヤマトフの逃亡」…立花久米蔵、その日本を批判する態度にまわりは危惧を抱いていた。
「新撰組の道化師」…木村継次、近藤勇が敬遠していた戸ヶ崎道場の師範代。彼の言動を中心に描く。

「大谷〜」と「笊の目〜」は既読。
こんな人物は創作ではないかと思うような人が記録に残っていたり、こんなことをした人物が実はあの有名なだれそれだったりとこの6篇には虚実がよくわからないような怪しさがある。
実在の人物と記録に残っている出来事から伝奇的手法でとほうのない話をつむぎだしているこれらの短篇は明治小説の手法に似ていて面白い。
しかし、この手の短篇集や明治小説のほとんどが現在出版されてない状況というのはどうなんだろう?売れないもんなのかねえ。
ヤマトフの逃亡―山田風太郎傑作大全〈19〉 (広済堂文庫)
ヤマトフの逃亡―山田風太郎傑作大全〈19〉 (広済堂文庫)
廣済堂出版 1998-01
売り上げランキング : 452808


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タグ:歴史小説
posted by てけすた at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本 (国内) 山田風太郎| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月05日

現在と未来―ユングの文明論 C.G.ユング

ナチス、インド、共産主義、これらについて語った文章を集めた評論集。
ナチスの台頭をゲルマンの神話に出てくる荒ぶる神ヴォータンになぞらえ、ドイツが集団ヒステリーに陥ったことを指摘する。
インドについては、その地における人々と西洋の人々を比べ、いかに西洋人が極度に緊張して、自然と分離しているかということを述べている。
最後に共産主義とさきほど書いたが、共産主義に限らず集団化によって人か画一化され、結果として個人として生きることができなくなる人間というものに対して警鐘を鳴らす。
これらに共通するのは、ユングらしく意識というものが限定されてしまって無意識についての認識が乏しくなりがちな文明生活についての批判である。無意識についての認識が乏しいと人はそれだけ破壊的な反動を受ける可能性が高くなってくる。また、自分で認識していない無意識要素は他人に投影され、それが恐ろしいものに映り恐怖から相手を攻撃するということも起こりがちである。
これらの評論は20世紀にあった2度の戦争とその後の冷戦時代に書かれている。その後冷戦は終り、ほとんどの共産主義は解体されたのではあるが、今もって集団化による没個人化の問題はなくなっていないように思う。ユングはそのことを宗教に解決の糸口を託そうとするが、これはもちろん、組織化された宗教団体のことをいっているわけではない。
とはいえ、神を見失った現代人の宗教体験はいかにすればいいのだろう?われわれは古代へそのまま後戻りすることはできない。故河合隼雄氏は昔のように宗教習俗に守られなくなった現代人は個人でそれに立ち向かわなくてはならなくなった、という意味のことを述べているのをどこかで読んだが、一人ひとりがユニークな存在である以上、それは避けられないことなのかもしれない。社会的動物とユニークな存在という矛盾を抱える人間。
現在と未来―ユングの文明論 (平凡社ライブラリー)
現在と未来―ユングの文明論 (平凡社ライブラリー)Carl Gustav Jung

平凡社 1996-11
売り上げランキング : 211041

おすすめ平均 star
star現代史の謎

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タグ:心理
posted by てけすた at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本 (翻訳もの)| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月04日

姦の忍法帖/くノ一忍法勝負 山田風太郎

『姦の忍法帖』ちくま文庫山田風太郎忍法帖短篇全集5の覚書
「姦の忍法帖」…武器防具だめし
「胎の忍法帖」…妊娠した女性の体を観察する針ヶ谷
「笊の忍法帖」…漁色家卯ノ花胴馬に課せられたものとは
「転の忍法帖」…性形外科の忍法
「〆の忍法帖」…うら若き女性2人で自身の抑制を修行する道兵衛
巻末には絵物語「忍者向坂甚内」収録。
「姦の忍法帖」と「〆の忍法帖」は既読だが「〆…」の方は既読なのにあまりの悲喜劇にどうしても笑ってしまう。おん忍棒w
5 姦の忍法帖 山田風太郎忍法帖短篇全集(全12巻) (ちくま文庫)
5 姦の忍法帖  山田風太郎忍法帖短篇全集(全12巻) (ちくま文庫)日下 三蔵

筑摩書房 2004-08-10
売り上げランキング : 516376

おすすめ平均 star
starシュールです、笑えます

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



『くノ一忍法勝負』ちくま文庫山田風太郎忍法帖短篇全集6の覚書
「倒の忍法帖」…忠輝の本心を探るためおくられたくノ一と伊賀者
「叛の忍法帖」…細川忠興の妻の出産から始まるくノ一と忍者たちの話
「虫の忍法帖」…豊臣秀次が処刑される前に彼の小姓へ託したものとは
「呂の忍法帖」…オランダ医学を学びたい忍者と妖術で殿の精力不足を直そうとする怪僧
「妻の忍法帖」…忍び組に婿養子にきた御家人の忍者修行
「淫の忍法帖」…直八の許婚が秘かに殿の世継ぎの種付けとして選ばれた5人の侍に蹂躙され、彼は巧妙な復讐を決意する。
巻末には絵物語「忍者撫子甚五郎」収録。
くノ一が必ずしも主役ではないのだが、女性が重要な働きをしたり結末をしめたりする話が多い。「淫の忍法帖」はなんというか皮肉そのもの。直八の非人間的な決断に対する結果なのだろうけど、山風男には厳しいね。
解説にせがわまさき氏のイメージイラスト掲載。「淫の忍法帖」の5人組の顔が凶悪すぎるw
くノ一忍法勝負 山田風太郎忍法帖短編全集 (全12巻) (ちくま文庫)
くノ一忍法勝負 山田風太郎忍法帖短編全集 (全12巻) (ちくま文庫)日下 三蔵

筑摩書房 2004-09-09
売り上げランキング : 420699

おすすめ平均 star
starせがわまさきのイラストが必見

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タグ:忍法帖
posted by てけすた at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本 (国内) 山田風太郎| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月02日

天狗争乱 吉村昭

以前、山風の「魔群の通過」を読んで天狗党のことを知った。その後、古本店にてこの「天狗争乱」を見かけてふと読んでみようかという気になった。
吉村昭の作品はこれが初めてだが、まるで史実とトレースしたかのような緻密な描写はなかなか読み応えがあった。解説によれば桜田門外の変について書こうとしたときにも雪がいつ降り止んだのか、ということを気にかけるくらいの作家らしいので、このドキュメンタリー風はなるべくしてなったということなのだろう。
また、「魔群の通過」ではもっぱら天狗党内部で起こった出来事に焦点を当てているのに対し、こちらは天狗党をめぐる一連の出来事が書き込まれているので、「魔群の通過」ではよくわからなかった一橋慶喜の裏切りの事情などが了解できた。
つまり、いまひとつ理解できなかった天狗党死の行軍の理由がこの「天狗争乱」でおおよそ理解できたということだ。
いつだったか、学校の先生が吉村昭を勧めている文章をどこかで読んだことがあったが、なるほど、この衒いを許さない作風がお勧めどころなのかもしれんな、と思った。
天狗争乱 (新潮文庫)
天狗争乱 (新潮文庫)
新潮社 1997-06
売り上げランキング : 124555

おすすめ平均 star
star日本の歴史精神
star幕末の水戸藩
star時勢の流れに乗り切れなかった天狗党の悲劇

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タグ:歴史小説
posted by てけすた at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本 (国内) 小説| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【PR】【Bizoux(ビズー)】公式通販サイト